費用を安くおさえるポイント〜その2〜

費用を安くおさえるポイント〜その2〜

☆「荷物は少なく」
業者が提示する引越し料金は、「距離」と「荷物の量」によって計算されます。新居までの距離は決まっており、ワープできるわけでもありませんから距離を短くすることは出来ませんが、荷物の量を少なくすることは出来ます。
長年同じところに住んでいると、使わなくなってはいるが捨てられないものがあると思います。それらも引越しの際に持って行くとなると、引越し料金の一部となってしまうので思い切って捨ててしまうのも良いでしょう。廃棄料金やリサイクル料金がかかってしまうものは、リサイクルショップに売ったり、必要としている友人に譲ってあげても良いですね。

 

☆「出来ることは自分でやる」
大手引越し会社では、引越しの手間を軽くするために梱包サービスや、荷解きサービスなどを用意していますが、これらの付加サービスを受けるとそれなりの料金が上乗せされます。お年寄りや小さなお子さんがいる家庭では、積極的にこれらのサービスを受けることをおススメしますが、まだまだ体力のある人や、人手がいっぱいいる家庭であれば自分で出来ることは自分でやるほうが、引越し料金も安くなります。

 

また、大手引越し会社のほとんどは無料で段ボールを提供してくれますが、時に有料の場合もあるので、そういった場合はスーパーやホームセンターから譲ってもらうと良いですよ。